子供の身長と体重の関係は?伸びない原因があった

身長と体重の関係

子供の身長が伸びない・・・なんて悩む親御さんも多いですよね。

私も息子の身長がなかなか伸びない、体重も増えない、

ということで悩んでいる時期がありました。

個人差があるのは理解していても、成長曲線が平均から離れていたりすると

親としては不安であり、どうしてだろう。。。と考えてしまうと思います。

子供の身長と体重、伸びない原因について調べてみたいと思います。

アイキャッチ画像:こてつんさんによる写真ACからの写真 

子供の平均身長って?

では、子供の平均身長&体重はというと・・・

[男子]             [女子]

☆7歳・・・122.5cm(24.4kg)    /     121.5cm(23.8kg)

☆8歳・・・128.1cm(27.7kg) /  127.3cm(27.0kg)

☆9歳・・・133.7cm(31.2kg) /  133.4cm(30.7㎏)

☆10歳・・・139.1cm(35.1㎏) /   140.3cm(34.9kg)

☆11歳・・・145.2cm(39.4kg) /  147.1cm(40.1kg)

☆12歳・・・152.9cm(45.4kg) /     152.1cm(45.0㎏)

このように10歳・4年生になると女の子の方が平均が高くなるのですが、

12歳・6年生になると若干ではありますが、

男の子の方が高くなる傾向があるようです。

低身長とは?

まず我が子の身長が伸びず、「低身長」を疑った場合、

成長曲線をつけることが大切です。

成長曲線というのは男女別になっていて、子供が誕生してから成長期を過ぎ、

成長が止まるまでの期間の身長と体重の発育曲線です。

同じ年齢の中でも平均値から-2.0SD以下の身長の場合、

将来、生活に支障が出る場合もあるので早めに受診した方がいいようです。

子供の成長で急激な伸びがみられるのが乳児期と思春期で、

身長が伸びる為には"成長ホルモン"がとても大きな役割を果たします。

成長ホルモンによる治療の効果が期待されるのは女子が15才男子が17才だそう。

ですから、早期発見がとても大切なことなのです。

それから子供の身長が伸びない原因の一つとして"遺伝"もあるとされていて、

90%以上が遺伝的&体質的な原因とも言われています。

「家族性低身長症」や「体質性低身長症」は病気とは考えにくいのですが、

少しでも心配がある場合、成長曲線をつけ、早期発見することが

何より大切だと思われます。

伸びない原因の一つとして

子供の身長が伸びない原因の一つとして「生活習慣の乱れ」ということも

大きく関わりがあるようです。

身長は、9歳までの生活習慣が"カギ"だともいわれています。

生活習慣の乱れは肥満にもつながり、体脂肪が多くなると、

第二次性徴が早く起こってしまうことが多くあるようです。

第二次性徴の始まりから終わりまでが思春期と言われ、

身長を伸ばすには思春期前が最も大切だということです。

女子の場合、体脂肪が増えることで初経が来ることが早まり、

身長が伸びるのを妨げてしまう事も多いということです。

身長を伸ばす為には食事・睡眠・運動が大事だと言われ、

食事では、骨の成長にも大切な主食・主菜・副菜などを

バランス良く摂る事が大切ですし、睡眠に関しては、

理想と言える質の良い睡眠を10時間以上ということです。

そして適度な運動をプラスした幼少期からの生活習慣が、

身長を伸ばす為には大きな要因となるようです。

親の意識一つでお子様の身長が少しでも高くなるなら頑張ってみたいですよね!

まとめ

子供の身長が伸びない原因はあくまでも遺伝的なものだと思っていました。

もちろん遺伝はあるとしても、生活習慣を見直すという親の意識で、

子供の身長を伸ばしてあげられる可能性があるということがわかりました。

"我が子の身長を少しでも伸ばしてあげたい"または子供が、"背が高くなりたい"

と願っている時にはまず、生活習慣を見直してあげることが一番ですが、

成長曲線をつけ、子供の成長の経過を良く観察し、

伸びない原因を早期に発見する事が大切なことだと知りました。

可愛い我が子の為にも、こういう知識を得ることがまず必要なのだと思います。